借金返済のあかさたな

就職が返済のキーポイント
Home  > 完済  > 就職が返済のキーポイント

就職が返済のキーポイント

女性/20代/住民税

滞納当時は無職でした。年収200万、貯金30万弱、一人暮らしをしていました。
家族は両親のみで、実家は借家です。売ってお金になるものもなく、次の職を探す日々でした。

住民税の滞納

住民税を半年分。さらに支払期限を半年ほど無視しました。

無職→借金

以前は正社員として雇用されていたので会社が納税を一括管理していましたが、退職後個人で納税をすることが面倒で放置していました。
その後、無職が続いたので納税に回せるあてがありませんでした。クレジットカードも作っていなかったので金融機関から借金することもできませんでした。
お付き合いしている方に滞納していることが知られてしまい、「貸すから支払いなさい」と言われたのですが変なプライドが邪魔をしてその機会を逃しました。

催促状

2か月に1通、督促状が送られてきました。無視し続けて半年程で「超過金発生」の注意が来たので慌てて払いに行きました。
特に電話等の直接的な関与はされませんでした。

就職→完済

その後、再就職したので自宅に届いた振込用紙から郵便局へ何事もなかったかのように振込を終えました。
つい前日支払ったばかりなので、その後の対応があるのかは不明です。

過度の滞納は損をする!

ある程度は滞納しても今すぐにどうこうなることはありません。滞納中でもクレジットカードを作ることができました。ただ、督促状にも段階があるようで、私のように「超過金」が課せられたり、さらには「差し押さえ」もあるようです。さすがに差し押さえは近所の目もありますし、超過金も払わないに越したことはないので、どこかでお金を工面してさっと払うことをおススメします。支払の手続きも簡単でしたので、現金でも口座引き落としでもどちらでも問題ないと思います。

▲このページのトップへ